ブラックデーってどんな日?悲しいけどチャンスが生まれる新しい記念日とは

ブラックデーってどんな日?悲しいけどチャンスが生まれる新しい記念日とは

3月14日はホワイトデーですが、実はブラックデーがあるのをご存じですか?

何やら残念な匂いがプンプンしますが、いったいブラックデーとはどんな日なのでしょうか。

また、ブラックデーはどのように過ごすべきなのか、そんなブラックデーについて分かりやすく説明をさせていただきます。

ブラックデーはとても寂しい日だった!?

ブラックデーとは、韓国で行われている非公式な記念日です。

2月14日のバレンタインデーや3月14日のホワイトデーは皆さんご存知の通り。
もちろん、韓国でもおなじみの行事です。

そんなカップルにとっては幸せな日でも、恋人がいないさびしい人にとってはとてもさみしい日でもあります。

そんな独り身を救う記念日がブラックデーなのです。

ブラックデーとはバレンタインデー、ホワイトデーを経ても恋人ができない悲しみを慰め合う日で、黒い服を着て集まり、チャジャンミョンやコーヒーなど、黒いものを食べたり飲んだりする日なのです。

ちなみに、チャジャンミョンとは韓国風ジャージャー麺のことです。

なぜ、黒い服を着るのかというと、黒い服を着る事はフリーだという証になるからです。

確かに、印があればとてもわかり易いですよね。

ブラックデーが始まった由来と歴史とは

そもそもどうして、ブラックデーというイベントが出来たのか気になってしまいますよね。

そこで、ブラックデーについて調べてみたのですが、どこを調べても由来がないのです。

一応、1990年代に自然に発生した記念日ということはわかっています。
おそらく、独り身の人たちがネットのつながりの中などで結びつき、半ばやけくそで出来始めたイベントでしょう。

さみしいですね。

ほかには、ある年の4月14日、黒い服を着た若者がチャンジョンミョンという黒い麺を食べていたのが次第に広まっていったという説や、バレンタインデーやホワイトデーで何ももらえなかった人の心は真っ黒、韓国ではみんなが食べるチャジャンミョンも黒、暗い気分で黒いものを食べよう、というところから始まったという説もあります。

そのため、どうしてブラックデーというイベントが出来たのかは定かではないのですが、韓国について深く知るとあることがわかります。

それが「韓国は記念日好き」ということです。

実は、記念日が好きな韓国では、各月の14日にカップルにまつわる記念日が数多く作られていることでも知られているのですが、記念日がとても多すぎて、わざわざ記念日と銘打つ必要があるのと疑問に思ってしまう程なのですが、

やはり記念日が好きな韓国だからこそ、こういった由来なきイベントが急に出来始めてもおかしくはないのです。

実はチャンス!?ブラックデーは出会いがある

とても寂しい日だという事がわかったブラックデーなのですが、実は悲しいことばかりではないのです。

ブラックデーは出会いのチャンスとも言われていて、始めは恋人のいない人たちが集うさびしい記念日だったのですが、現在では恋人をつくるチャンスの場としても知られているのです。

その理由が自ら黒い服に黒い麺を食べることから「自分はフリー」だという主張をしているため、

ブラックデーに参加をしている人同士で恋人同士になってしまったというカップルも多くいるのです。

そのため、現在では出会いの場とも言われるほど、ブラックデーはチャンスであるということがわかります。

ブラックデーについてのまとめ

ブラックデーについて知れば知るほど奥が深いですよね。

最初は恐ろしい日が迫ってくるのではないかと思っていたのですが、実は寂しい記念日かと知り、その後は出会いのチャンスであることがわかりました。

現在、韓国ではとても多くの記念日がありますが、こういったチャンスがある記念日はぜひ参加してみたくなりますよね。

これからブラックデーが日本にも浸透し、日本でも流行して欲しいと思うと同時に、参加してみたいと思ってしまいます。