余った年賀はがき、書き損じた年賀状って、いつでも交換しているの?使ってもいいの?

余った年賀はがき、書き損じた年賀状って、いつでも交換しているの?使ってもいいの?

年末の忙しい時期に年賀状を出し終わり、新年に届いた年賀状をチェックした後で気になるのが、余ってしまった年賀はがきや書き損じた年賀状ではないでしょうか。もしかすると、数年前の余った年賀はがきや普通はがきが眠っている家庭もあるかもしれません。

邪魔になるからと、残っているはがきを捨ててしまってはいけません。わずかな手数料を払えば、書き損じはがきであっても、はがきや切手に交換できるのです。眠らせておいてはもったいないですから、ぜひ郵便局で交換しましょう。

書き損じた年賀状って交換できるってホント?交換方法や交換時期について

書き損じた年賀状は郵便局で交換できますが、交換できるのははがきだけでないことをご存知ですか?実は切手やレターパックも交換できるのです。ただ、気をつけておきたいことは、額面(金額が印刷されている部分)が汚れていると交換できない点です。額面だけは汚さないように注意しましょう。

(年賀)はがきの交換手数料

・切手、はがき:1枚につき5円
・往復はがき、郵便書簡:1枚につき10円
・レターパック:1枚につき41円
・10円未満の切手やはがき:額面の半額

年賀はがきの交換時期は?

交換時期は決まっていません。郵便局の窓口が開いている時間帯なら、いつでも交換できます。郵便局窓口に用事がある時についでに交換してもらうと良いでしょう。

切手やはがきの交換手数料は1枚につき5円です。62円の普通はがきなら実質57円分、52円の年賀はがきなら実質47円分の切手やはがきと交換できます。交換手数料は現金で支払うこともできますが、交換してもらう物の一部を切手にし、その切手で支払うこともできます。便利ですから、覚えておくと良い方法です。

交換できるもの

では、切手やはがきなら何にでも交換できるのでしょうか。実は交換できる物には制限があり、記念切手には交換できません。シール式切手が便利だと思っても、普通切手にしか交換できないのです。

交換品一覧

持ち込む物 交換品
普通切手 記念切手 年賀はがき
かもめ~る
普通はがき 郵便書簡 レターパック
スマートレター
普通切手 × ×
記念切手 × ×
年賀・かもめ~る × ×
普通はがき × ×
郵便書簡 × ×
レターパック等 × ×

年賀はがきや、かもめ~るの無料交換特例

販売中の年賀はがきやかもめ~るの交換には特例があり、販売期間内に限り、同一年度発行の他の種類のものに限定して交換することができます。例えば、インクジェットはがきを購入したつもりで無地を購入してしまった場合、無料でインクジェットはがきに交換してもらえます。
ただし、この場合のはがきは無使用で再販売できる状態である必要があります。
また、年賀はがきを購入したものの、近親者に不幸があって使用できなくなった場合にも、無料で普通切手や普通はがきなどと交換してもらえます。

特例の無料交換ができる郵便局

以上のような特例の無料交換は、簡易郵便局や切手販売所ではできません。普通の郵便局で交換してもらってください。また、他に四面連刷はがきには交換できないなどの細かい規定があるため、どのような物に交換できるのかを、必ず窓口で確認してくださいね。

余った年賀はがきは使ってもいいの?余った年賀はがきの賢い活用方法

余った年賀はがきは、2018年1月8日以降はそのままでは使えません。
52円の料金が印刷された部分の下に、10円切手を貼り足して使いましょう。

https://kakidas.com/new-years-card/

では、10円切手を貼り足した年賀はがきをどのような場面で使えばいいのでしょうか。

懸賞はがき

一番無難な使い道は、懸賞はがきに使用することです。年賀はがきを使用したからといって懸賞に外れることはないようですから、5円の交換手数料を払って切手や普通はがきに交換するよりも無駄がありません。

切手に交換がおすすめ

しかし、大量に余ってしまった場合や、書き損じはがきがある場合、懸賞に応募しない場合にはこの方法は使えませんね。
こんな時は、5円の手数料を払ってでも切手に交換しましょう。はがきをよく使う人ははがきに換えても良いですが、現在はあまりはがきを使う機会がありません。その点、切手は使い道が多いのでお勧めです。

一番手っ取り早い切手の使い道は、ゆうパックを差し出す時に、送料を切手で支払うことです。これなら高額の切手を使えますから、効率が良い方法です。切手でゆうパックの送料を支払う場合、コンビニエンスストアからは送れません。普通の郵便局か簡易郵便局から送りましょう。

年賀はがきの交換についてまとめ

余った年賀はがきを金券ショップに持ち込んで買ってもらう方法もありますが、店舗や売る時期によってかなり安くなってしまう場合がありますので、注意が必要です。手数料が固定されている郵便局での交換が、一番効率が良いのではないでしょうか。

社会に貢献したい人にお勧めの方法は、はがきの寄付を受け付けている団体に寄付することです。不要なはがきが誰かの役に立つのは、素敵なことですね。