コンビニ各社で買えるカフェインレスコーヒーを比較してみた

コンビニ各社で買えるカフェインレスコーヒーを比較してみた

最近、カフェインレスのコーヒーが目に付くようになってきました。

カフェインが入っていないと、ガツンと来るパンチが消えて少し物足りなくなります。

常時エスプレッソを飲んでいますので(実はカフェイン量は少ないのですが)、パンチを求める私は正直苦手です。

しかし、販売しているということは需要があるということです。
そこで今回は、手軽にコンビニでも買えるカフェインレスコーヒーを紹介していこうと思います。

コンビニでも買えるカフェインレスコーヒー

ローソン:マチカフェ

ローソンは缶やスティック、粉といった売り方ではなく、マチカフェの中の1つの商品として売り出しています。
これは勝負に出たと考えていいのではないでしょうか。

缶やスティックタイプであれば、消費期限が過ぎてしまって捨ててしまうことは、ほとんどないと思います。

しかし、マチカフェのメニューで出してしまうと、豆の消費期限はもちろん、使用するのに制限が多々かかります。

コーヒー豆は野菜や何かと同じです。生ものですし、封を開けると一気に風味が飛んでいきます。

保存方法も冷凍庫に入れ、キッチリ封をして使う分だけ取り出す。外気に当てない(袋の中との温度差で水分が発生し豆の劣化を早める)といった難しい管理がコーヒー豆には必要です。ローソンの各店舗がここまでやっているかと言えば少々疑問ですが、基本はこれです。企画者もこれを知らずに企画したとは思えません。

となると、この手間やコスト加えてリスク(プロでもないのにこのような管理方法をしていないので廃棄、1杯1杯で豆の鮮度が違い、味が違うといクレーム)を考えても売れると確信したから、この売り方を選んだのでしょう。
種類はホット、アイス共にコーヒーとラテが用意されています。
これ以降に紹介するコンビニのカフェインレスコーヒーとは違う、豆からのカフェインレスをぜひ味わってみてください。

ファミリーマート:カフェ気分

ファミリーマートは「カフェ気分」というブランドでカフェインレスのコーヒーを売り出しています。残念ながら、私の住んでいる地域では見たことがありません(そんな田舎でもないのに)。

メーカーのページによると、カップでの販売でお湯を注ぐだけで完成というお手軽さのようです。

中に入っているのは、粉と思われます。豆がそのまま入っているわけはありませんし、ドリップバックだとどんどん抽出されて、飲みはじめと飲み終わりでだいぶ味が変わってしまうので、粉しか選択肢はないのではと考えています。

蓋が付いているにも関わらず、メーカーのページでは「コーヒー本来の味や、香りをそのままに・・・」と語っていますので、口の中にふわっと感じられるほどの香りをまとっているのでしょう。
カップコーヒーという仕組みから、手軽に飲めそうなのが一番の利点ではないでしょうか。

セブンイレブン:香りゆたかなカフェインレスコーヒー

セブンイレブンはドリップバックでの販売です。
あのコーヒーカップの淵にひっかけて、お湯を注ぐやつです。

このドリップバックは少々扱いに困ります。ひと手間の差で大きな味の開きが出てしまうからです。
「面倒だ」ということでカップにセットした後に、カップいっぱいまでお湯を注ぐ方。残念ながら、そのコーヒーの7割程度の実力しか発揮させていません。

本当のコーヒーをドリップするように、始めは蒸らし、その後少しずつお湯を注ぐのが正解です。あくまで「ドリップ」バックですから。「ドリップ」、したたらせてください。

この手法を取るだけでも、コーヒーのレベルが数段上がります。

さすがに本格的なバックですので他のとは違い、風味がダイレクトに味わうことができます。せっかくですので、それを引き出すためにも、正しい淹れ方で試してみませんか?

コンビニで買えるカフェインレスコーヒーのまとめ

さて、ここまで商品を紹介して、改めてサイトを確認してみたのですが、言葉に気を付けなくてはいけないということを感じました。
カフェインレスと書かれていても、カフェインがゼロではありません。本来の量からカット(ほとんどが97%カットでした)されているだけですので、カフェインレスという言葉に過剰な期待は禁物です。

また、カフェインレスコーヒーによく使われている「アラビカ100%」という言葉も要注意です。

この真逆にいる種類として「ロブスタ」という豆の種類があるのですが、こちらはほとんど口にすることはありません(というより業者でもない限りできません)。市販されているコーヒー豆のほとんどはアラビカ100%です。しかし、さも特別感を出すようにこの言葉が使われていますので、皆さん気を付けてください。

カフェインレスコーヒーは、カフェインが少ない分、すっきりとした味わいになる傾向があります。その時の気分によって、種類を使い分けるのも通な飲み方かもしれませんね。