家族のためのイースター情報!2018年のイースターはいつ?家族で楽しむレシピ集と卵が意味する復活祭の意味

家族のためのイースター情報!2018年のイースターはいつ?家族で楽しむレシピ集と卵が意味する復活祭の意味

「イースター」

名前は知っているし、日本の各地ではイースターのイベントも定着し始めました。
けれど、具体的にどんな行事なのかは知らない人も多いのではないでしょうか?

実はイースターは、宗教的な意味もあって、家族ですごくとても大切なお祭り。

今日は、そんなイースターをご紹介します。

イースターって何をする日なの?なぜ卵やウサギが出てくるの?

イースターとは何か?

イースターとは、キリスト教の祭日の1つで、キリスト教徒の方々にとっては、1年を通じて重要な祭日です。

「イースター日」とは、本語では「復活祭」といいます。

ご存知の方も多いと思いますが、イエスキリストは弟子「ユダ」に騙されて処刑されてしまいました。

ところが、「イエスキリストは復活する」という予言があり、その予言の通り、処刑から3日後にキリストは復活、予言は的中したのです。

キリストは様々な奇跡を起こしたと伝えられていますが、その奇跡の中で最大の奇跡が、この「イエスキリストの復活」、そこでキリスト教では、この日が祭日となり、キリストの復活を祝う日とされ、クリスマス同様にごちそうを食べてキリストの復活をお祝いしたり、卵を使った遊びをしたりするのです。

イースターと卵とウサギ

さて、イースターと言えば、「タマゴ」と「ウサギ」が有名ですが、実はこの二つにはちゃんと意味があるのです。

「タマゴ」は、キリスト教において「生命の誕生」を意味するもの。キリストの復活にふさわしいアイテムですね。

イースターの日は、色とりどりに綺麗に色を付けたタマゴ「イースターエッグ」を使って、様々遊びをします。

・エッグハント:家の中や庭に卵を隠しておいて、それを探し当てるゲーム

・エッグロール:卵を割らないように転がすゲーム

また、ウサギは子供をたくさん産むことからキリスト教においては「生命の象徴」とされています。

一部では「イースターエッグはウサギが生んだ」という説もあるほどで、イースターシーズンになると、イースターエッグと共にウサギの形をしたチョコレートやグッズが販売されるとか・・・

イースターは、キリストの復活を通して、命のありがたさや生命が今あることを感謝する日なのですね。

どうですか?ちょっと深いですよね。

2018年のイースターはいつ?

そんなイースターですが、毎年日付が違います。

というのも、イースターは「春分の日の後の最初の満月の後の日曜日」なのです。

「どうしてこんなにややこしいのよ!」と怒りたくなる気持ちもわかりますが、これは仕方がありません。当時の暦の今使用されている暦が違うので、こうなってしまうのだとか。

いずれにしても、その年によってイースターの日は違う上、年によっては最大1か月程差があるのです。

そして2018年のイースターは「4月1日」です。

日曜日ですし、家族でイースターエッグを作ってみたり、エッグハントやエッグロールをしてみて過ごしてみてはいかがでしょう?

イースターにぴったりのおすすめ卵レシピ

イースターは、クリスマス同様、家族でごちそうを囲んで命や生命があることを祝うイベント。

お家でごちそうを作るなら、是非イースターにちなんで「卵料理」にしてみたいところですよね。

そこで、イースターにぴったりな卵料理を調べてみました。

料理の最大手サイト「COOKPAD」で、「イースター」で検索をかけてみると、イースターにちなんだ様々な卵料理がヒットします。

その中でも「家族で楽しめる」おすすめなお料理をいくつかご紹介します。

うさぎのイースターサラダ

https://cookpad.com/recipe/3678549

サラダに茹で卵をトッピングしたのですが、ゆで卵がウサギの顔になっているのがポイント!簡単にできますし、お子様と一緒にゆで卵に顔を書いてみるのも楽しいですね。

うさぎのオムライス

https://cookpad.com/recipe/4390512

見た瞬間「かわいい!」という子供の声が聞こえてきそうですね。

ウサギさんを作るのがちょっと大変かもしれませんが、「タマゴ+うさぎ」、まさにイースターなプレートです。

ライスボールのイースターカレー

https://cookpad.com/recipe/3704950

ポイントは何と言っても、イースターエッグをモチーフにしたライスボール!様々な具材を混ぜて、イースターエッグみたいなかわいらしいライスボールをたくさん作ってみたいですね。

かわいいイースターエッグケーキポップ

https://cookpad.com/recipe/4371136

このケーキポップは、焼き型がなくても簡単に作ることが出来ますので、イースターの日、お子様と一緒に作ってみては?

イースターエッグみたいなかわいらしく飾り付けをしてはいかがでしょう?

こんなイースターエッグはいかが?

タマゴに色とりどりの飾りつけを施した「イースターエッグ」。

最近は「色を付ける」というよりも「デコレーション」といった雰囲気で、イースターそのもののお祝いというよりも、「タマゴをデコレーション」する方に重点を置いている方々も多いようです。

昔と比べて今は様々なデコレーショングッズが安く手に入る時代、色を付けるだけでは物足りない、様々なイースターエッグをご紹介します!

https://www.instagram.com/p/BfZW-_-Ajb8/?hl=ja&tagged=イースターエッグ

まずイースターエッグ、といったらこんな感じが定番。

お花模様や明るい感じの色合いや春の訪れを感じます。

https://www.instagram.com/p/BfaaJW1BT6b/?hl=ja&tagged=イースターエッグ

まるで童話やおとぎ話の挿絵のようなデザインです。
色付けするのも楽しいですが、こんなデザインもかわいいです。

https://www.instagram.com/p/BfdUum0nW71/?hl=ja&tagged=イースターエッグ

これは、タマゴにクレイ(粘土)で飾りつけをしたものですね。
色合いが春らしくてステキ。

https://www.instagram.com/p/Be6zKWcAAA1/?hl=ja&tagged=イースターエッグ

最後はこちら。
「つまみ細工」で作ったお花を持ったイースターラビット。卵で作られているようですね。こんなにうさぎがいると「おお!」って目を引きますね。

イースターエッグのまとめ

イースターは、イエスキリストの復活をお祝いする大切なイベント。

海外やキリスト教系の国では大切な宗教行事ですが、日本ではその意味までは深く浸透していないようで、「タマゴとウサギのお祭り」といった色合いが強いようですね。

そんなイースターも、いずれハロウィンのように日本にするのでしょうか?

今後注目のイースターについてお伝えいたしました。