オムライスの簡単レシピと献立を紹介!時短かつ栄養バランスも整った献立とは?

オムライスの簡単レシピと献立を紹介!時短かつ栄養バランスも整った献立とは?

お子様に「お昼ご飯何がいい?」と聞くと、我が家ではかなりの確率で「オムライス!」と答えが返ってきます。
確かにオムライスはとても色どりが華やかで美味しそう、子どもにとっては魅力的なメニューなのでしょう。
とはいえ、あのオムライス、実は難しいのでは?・・・そう思っている方も多いかもしれませんね。

そこで今日は、初心者でも簡単に作れるオムライスのレシピと献立をご紹介します。
また、オムライスを作るのには欠かせない「卵でご飯を包むコツ」や、「卵を使わない」オムライスなどもご紹介します!

難しそうでオムライスを作るのを躊躇している方、是非、これを読んで、挑戦してはいかがでしょうか?
きっとうまくいきますよ。

簡単オムライスレシピを紹介!中には、卵なしのつわものまで?

卵で包まないオムライスは初心者の味方!

「オムライス」って料理としてはちょっとハードルが高い感じがしますよね。

卵を半熟に焼いて、その卵でご飯を包む、なんて、料理が苦手な人や料理初心者の方は「無理!」と思ってしまっても仕方ないですよね。
でも、このオムライスが「美味しそうに」「上手に」作れたらちょっと素敵ですよね。
例えば彼に「オムライス作ってあげるね」って言って、おいしそうなオムライスが出てきたら、きっと彼は喜びますし、お子様や家族に作ってあげたら、「ママ凄い!」って言ってくれるかもしれませんね?

そう考えたら、ちょっと楽しくなりませんか?

そこで、初心者でも簡単に作れる、半熟卵をケチャップライスの上に乗せるだけの「オムライス」のレシピを探してみました!

クリスマスに♡簡単ふわふわ♡オムライス
https://cookpad.com/recipe/2221374
このサイトは、作り方が動画で紹介されていますのでとてもわかりやすいですよ。

包まない初心者オムライス♪
https://cookpad.com/recipe/4278526

初心者さんの味方!オムライス
https://cookpad.com/recipe/3958898

ポイントは「包まない」ことです。
ケチャップライスをご飯に盛り付けて、その上に、ご飯よりも大きめな丸い卵焼きを焼いて、ご飯の上にのせるだけです。

コツは

  • ご飯が隠れる大きさの卵焼きを焼く。
  • ご飯の上に卵を乗せるとき、卵でご飯を完全に隠す。
  • 卵焼きを半熟で作って、半熟の面が外側に出るように卵を盛り付けるとさらにオムライス感アップ!
  • 卵を焼くときには大さじ1位のマヨネーズを入れると半熟卵がつくりやすい。

です。

この方法で作るオムライスも、包み込んだオムライスに負けないくらい美味しいですし、何よりオムライスの表面は半熟状態の卵! 見た目もかなり良いですよ!

包むオムライスを成功させるコツとは?

「ご飯を卵で包んだオムライスは簡単にできないの?」

そんな声も聞こえてきそうですね。
確かに定番の「オムライス」といったら、卵でご飯を包んだあの「オムライス」。
ですが、包むオムライス、ちょっと難しそうですよね・・・

でも、包むオムライスは、ちょっとしたコツがあるのです。

オムライスのきれいな包み方♪失敗なし♪
https://cookpad.com/recipe/2486421

オムライスの卵の包み方
https://cookpad.com/recipe/2486421

コツをまとめると、

  • フッ素樹皮加工されているフライパンを使うとくっつかずにやりやすいです
  • 卵が半熟の時にご飯を乗せて、フライパンの上を滑らせるようにして卵でご飯を包む。
  • 包んでお皿に乗せた後、キッチンタオルを乗せて形を整えるともっと「オムライス」っぽくなります。

となります。

残念ながら、ある程度の「慣れ」は必要ですが、道具・温度を工夫することが、形のいいオムライスが作りやすくするポイントです。

ちなみに、私の息子は「オムライス」が大好きなので、よくリクエストされて作るのですが、オムライス作りに慣れなかった頃は、直径15センチほどのフッ素樹皮加工のフライパンでオムライスを作っていました。

フライパンが少し小さめの方が扱いやすいですし、しっかりとフッ素樹皮加工されているフライパンですと卵がくっつきにくいので、ご飯を乗せた後も包みやすくて作りやすいです。

あこがれの「タンポポオムライス」

「タンポポオムライス」、これも息子の無茶ぶりでよく作ります。
このオムライスも、ちょっとハードルが高いメニューですよね。

上手くできると、子供の歓声が聞こえてきます。(笑)
というわけで、参考にしているレシピです。

失敗しない半熟卵のたんぽぽオムライス
https://cookpad.com/recipe/1638765

コツは

  • バターは少し多めでもOK!
  • 半熟状態で混ぜて、半熟状態で完成させること。

です。

火が通りすぎてしまうと、ケチャップライスの上で「たんぽぽ」になってくれません。
半熟のタイミングは「慣れる」しかないのですが、何回か作って感覚をつかんでしまえば簡単にできますよ。
お子様とのランチタイムに一度お試しになってみては?

卵ナシのオムライスがあるの?

さて、オムライスなのに「卵がない」レシピもあります。

もともとは卵アレルギーの子向けのオムライスなのですが、材料がそろえば卵を使うオムライスよりもおいしいし簡単にできるので、「手抜きレシピ」としても注目を集めつつあるのです!

卵アレルギー対応♡オムライス用薄焼き卵
https://cookpad.com/recipe/4788223

冷凍のゆでかぼちゃがあると、それをチンして簡単に使うことが出来ます。
米粉のカボチャ入りクレープでご飯を包む感じです。

卵の感じはないですが、これはこれで洋風の茶巾絞りみたいで美味しいですよ。
甘いですけれど、ご飯とケンカしない程度の甘さですし、なにより、卵焼きを焼くよりも簡単でした。
興味のある方は一度お試しになってみては?

オムライスに1品追加で栄養バランスアップの献立メニュー

オムライスの栄養バランスは?

さて、せっかく夕食に「オムライス」を作るとしても、「オムライス」をメインに献立を考えるのって難しいですよね?
そこで、オムライスをメインにした献立の作り方のヒントをご紹介します!

献立を決めるとき、

  • 糖質(ご飯)
  • タンパク質(肉類、魚介類、卵類)
  • ビタミン(野菜類)

この3つがバランス良く食べられるように献立を考えると、あまり失敗しません。

オムライスには、ご飯、卵、鶏肉(肉類)、野菜類(玉ねぎ等)といった食材が使われていますが、糖質は比較的多く含まれています。
反対に、オムライスには「ビタミン」があまり多く入っていません。
そして「タンパク質」も、卵が多めに使われていますが、若干足りなく感じます。

ですから、オムライスに「野菜を使うこと」と「肉類を少し足したもの」を使ったおかずをつけてあげると、バランスの良い献立になりますよ。

ポイントは「足りない栄養を補う」こと!

野菜を補うのなら

  • ベーコンやツナを添えたグリーンサラダ
  • 蒸し鶏サラダ

がおすすめです。
野菜と肉類を同時に食べることが出来るので、オムライスの献立に添えると栄養バランスが良くなりますね。

スープなら

  • 野菜がたっぷり入ったコンソメスープ
  • コーンポタージュスープ

をおすすめします。

ポイントは「野菜を多めに入れること」です。
ちなみに、ミネストローネのようにケチャップ味のスープでも悪くはありませんが、オムライスにはケチャップライスやトマトケチャップをかけたりもするので、味が被ってしまい全体的に単調な味に感じてしまいますので、今回は避けました。

揚げ物なら

  • ジャガイモのコロッケ+キャベツの千切り
  • 唐揚げ+キャベツの千切り

がおすすめです。

オムライスに揚げ物を添えるのは、まるでカフェプレートや子供のランチプレートみたいですが、プレートで「揚げ物+野菜」をバランスよく献立につけることが出来れば、オムライスとの相性の良い献立に仕上がります。

ただし、肉類の揚げ物をあまり多く添えてしまうと塩分や脂質が多くなったり、肉類を摂りすぎてしまって逆にバランスが崩れてしまうので、量には気をつけてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

「オムライス」って聞くと、ちょっと難しくてハードルが高い料理のように感じますが、実はとても簡単に作る方法もあったり、コツがあったりで、意外と作れてしまうメニューですよ。

卵を使わないオムライスは、実は卵を使うオムライスよりもずっと簡単なんて、ちょっと意外に感じましたね。
見栄えも華やかで、見ているだけで幸せな気持ちになるメニューですので、是非献立に取り入れて、食卓を華やかにしてみてはいかがでしょうか?