ファッションセンスはどう鍛える?ここまで分かれば大丈夫。洋服の選び方とは?

ファッションセンスはどう鍛える?ここまで分かれば大丈夫。洋服の選び方とは?

洋服は毎日着るものだから、毎日悩みますよね。
色んな服を持っていてもうまくコーディネートできない、今日の服装はおかしくないか、など。
自分に合う服が分かっていれば…というお悩み解決します。

ファッションセンスとは何か?色?形?まずは洋服選びの基本を押さえる

ファッションセンスとは言葉のとおり、ファッションに対するセンスがあるか、ということです。
街を歩いている人で同じ服を着ていても、おしゃれに見える人とそうでない人がいます。
このファッションセンスは、その人が持っている才能ですが、運動や絵画など生まれ持った才能と違って少しのコツを押さえれば誰でも伸ばすことができるのです。

例えば、白でも色んなニュアンスの色があって、真っ白が似合わない、微妙に黄みがかっているほうが似合うなど人によってさまざまです。
そこで自分に合う色がわかるパーソナルカラー診断があります。瞳の色や肌の色などで診断するものです。
簡易的なものはネットなんかでもよくあります。専門の診断士もいますので、詳しく知りたい方は実際に会って診断してもらうのもいいですね。

自分の体型に合う服を選ぶことも大切です。
あまりにもサイズがあっていないものは全体のバランスが悪くなってしまったり、洋服に着せられている感が出てきてしまいます。
その際、トップスがゆるめならボトムスは引き締める、など全体のバランスをみてコーディネートを考えるのがおしゃれに見えるかの分かれ道になります。

洋服を買う際には、一度試着をしてみることが重要です。
着てみると、思ったより大きかったり小さかったりすることが多いのです。
このボーダーの幅は太すぎて細く見えないなど発見がありますので一度色んなものを着てみることが大切です。

基本のポイントとしては、自分に似合う色・自分の体系にあった大きさと形、です。
最初のうちはあこがれのモデルを真似てみる、雑誌を読んで好みのコーディネートがあればスクラップしておくなどもいいでしょう。
そのなかで、自分に合うアイテムに変えてコーディネートしてみるということを繰り返していけばだんだんに慣れていきます。

予算別おすすめチェーン店とコーディネートのポイント

最近はリーズナブルに流行の洋服を買うことのできるお店が増えました。
そのなかで誰もが知っていて、なおかつお買い求めしやすい価格のお店を紹介します。

ユニクロ

ご存じファストファッションの代表ともいえるお店です。

デザインはどちらかというとシンプルなものが多く、長く着られる商品がたくさんあります。
リーズナブルですが、質もよく、デザイナーとのコラボ商品も魅力的です。

その中でも毎年人気なのがカシミヤセーターです。
7990+消費税とユニクロのなかでは少しお値段がしますが、着心地とカラーバリエーション、サイズの豊富さが受けています。

カラーが多いので自分に合う色を探せると思いますよ。セーターであれば、ボトムスにパンツでもスカートでも合わせやすいので、シンプルに長く着られる1枚になるはずです。

GU

ユニクロよりもさらにカジュアルで流行のものが揃っています。
洋服だけではなく、靴もスニーカーからブーツまでリーズナブルの商品がたくさんあります。

今の季節ならニットが2000円ほどで買えますし、アウターも5000円ほどと手の届く範囲で揃えられます。
GUでお買い物をするならば、今期の流行のものをまとめ買いがおすすめです。
今年流行のボアガウンコートにニット、スカートなど全身買っても1万円程度でコーディネートできますよ。

まとめ

ファッションセンスは自分次第でよくも悪くもなります。

色やサイズなど自分に似合うものを知っていればそれを軸に着合わせができ、コーディネートの幅も広がります。
色んなファッションに挑戦してどんどん腕をあげていきましょう。