卒業式を控えた学生向け、袴に似合うメイク術

卒業式を控えた学生向け、袴に似合うメイク術

卒業式で袴を着るときに、メイクはどうしたらいいのか悩みますよね。
また、卒業シーズンに向けて気になっている学生さんも多いと思います。

いつもと同じメイクでも大丈夫?
袴を着るときのメイクできをつけることは?

気になる疑問にお答えします!

洋服と袴で違う、メイクのポイントとは?

袴を着るときには、普段のメイクより全体的に厚めに作りこむことがポイントです。

袴を着ると重厚感が出るので、普段と同じメイクだと顔が負けてしまって血色が悪く見えてしまい、せっかくの晴れ着がくすんでしまいます。

和装に負けないように、いつもより華やかなメイクで明るいトーンのメイクに仕上げましょう。

袴に合わせたメイク術

ベースメイク

いつもよりパウダーを多めにはたき、マットな質感に仕上げるのがおすすめです。
ハイライトやシャドーはあまり使わず、凹凸を作りこみすぎないことで和装に似合うベースメイクに仕上がります。
部分的なくすみや目の隈はコンシーラーを使って隠し、明るい肌を作りましょう。

着物の襟が汚れてしまうので和装の時は、首にファンデーションは塗りませんが首元だけ色が浮いてしまうのを防ぐため、首には軽くパウダーをはたき、色浮きを防ぎます。

アイブロウ

アイブロウはいつもより少し太めに、ストレートに仕上げることで和装に似合う日本女性らしい眉に仕上がります。

アイシャドー

普段は茶系のアイシャドーを使われている方が多いと思いますが和装の時には着物の色に合わせたアイシャドーを選ぶことがおすすめです。
ピンクや赤、オレンジなど華やかな色のアイシャドーを使って、着物に負けない目元を作りましょう。
ラメ感のあるシャドーを使うとより華やかな印象の目元に仕上がります。

チーク

チークもいつもより濃い色を選びましょう。

頬骨の高い位置からこめかみに向かって斜めに入れると、ふわっと上気したような、色気のある大人の印象に仕上がります。

リップ

和装のときは、リップライナーでリップラインを描き、口角を引き締めることがおすすめです。
口紅を塗った後に、グロスを重ねて華やかでふっくらした口元に仕上げます。

着物の色がピンクなど可愛らしい色のなら、メイクもピンク系の色味を使い、可愛らしい印象に仕上げ、赤など、はっきりした色ならリップを赤にするなど大人っぽいメイクに仕上げると、着物とのバランスがとれ、全体がまとまります。

つけまつげやカラーコンタクトを使って目元の印象を強くすることもおすすめです。

メイクの前に肌のコンディションを整える。

メイクのノリをよくするためには、素肌をきれいに整えておくことが大事です。
どんなにきれいにメイクしても、肌荒れは完全には隠しきれませんし、肌荒れしているとメイク崩れも早くなります。
卒業式までに毎日のスキンケアを怠らず、しっかりと保湿をして、当日の肌のコンディションを万全にしておきましょう。

卒業式前日には、シートパックなど保湿効果の高いパックをしておくと翌朝のメイクのノリがよくなります。

さっとできて袴に似合うヘアアレンジとは

袴のヘアアレンジといえば、ハーフアップが王道ですよね。

ロングやミディアムへあの方には、くるりんぱを使ったハーフアップが簡単でおすすめです。
髪の毛の半分を結びくるりんぱをしたあとに、大きめの髪飾りをつけるだけで華やかな印象に仕上がります。

ショートの方は、サイドの髪をねじって髪飾りをつけると良いでしょう。
また、大きめの髪飾りをサイドにつけると、小顔効果があり、写真映えもするのでおすすめです。

卒業式という記念に残る晴れの日を素敵な姿で迎えることができるよう、
卒業式に向けてメイクの準備もばっちりにしておきましょう。