2月7日は北方領土の日!?そもそも北方領土問題とは何か?

2月7日は北方領土の日!?そもそも北方領土問題とは何か?

2月7日は何の日?と調べていたら「北方領土の日」というのが出てきました。

改めて北方領土と聞くと、いまいち漠然としていたので、改めて調べてみました。

北方領土問題とはなんでしょう?
報道でも当たり前のように話を進めているので、いったい何が問題なのか、疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。
そんな「今さら人には聞けない」という北方領土問題についてご説明いたします。

なぜ2月7日が北方領土の日?その歴史と現状について

北方領土の日というのは、
「北方領土問題に対する国民の関心と理解を深め、北方領土返還運動の推進のためにつくられた記念日」
のことで、2月7日がその日に制定されています。

1980年11月、国会の衆参両院において「北方領土問題の解決促進に関する決議」が全会一致で可決。
翌1981年1月、「2月7日」を北方領土の日とすることが決まりました。

北方領土の日に2月7日が選ばれたのは、1855年2月7日に日露和親条約が結ばれたことにちなんでのことです。
1855年は江戸時代です。江戸幕府は帝政ロシアと交渉し、国境についての取り決めをおこないました。

むかし、日本とロシアは領土を平和的に取り決めたことがあったのです。
そして、その2月7日が「北方領土の日」と定められました。

毎年、北方領土の日には、東京で「北方領土返還要求全国大会」が開催されています。
この大会には、元島民、返還運動関係者、各政党の代表、そして内閣総理大臣も出席しておこなわれています。

北海道では、札幌雪まつり大通会場で「北方領土フェスティバル」が開催され、全国から訪れる観光客に早期返還実現を訴えています。

この他にも全国各地で返還要求運動がおこなわれており、都道府県民大会、講演会、パネル展などが実施されています。

そもそも北方領土とはどこにあるの?

北方領土というのは、北海道の北東部にある、

  • 歯舞群島(はぼまいぐんとう)
  • 色丹島(しこたんとう)
  • 国後島(くなしりとう)
  • 択捉島(えとろふとう)

この4つの島のことです。
北方四島とも言われています。
その4つの島の何が問題なのでしょうか?

それは、この4島がもともと日本の領土だからです。

ですが、戦後ずっとロシアに実効支配されています。
ロシアでは北方四島を「南クリル諸島」と言っています。

「日本はロシアに対して北方四島の返還を求めており、この領土問題があるせいで、戦後70年たった今も日本とロシアとのあいだに平和条約が結べずにいる」それが、北方領土問題です。

平和条約とは戦争状態を終結させるための条約のこと。
それがいまだに結ばれていないのですから、これは大問題です。

北方四島、日本の領土なのになぜロシアが実効支配?

北方四島は、もともと日本の領土でした。
それが戦後、ロシアに奪われるかたちで実効支配されています。

戦時中、日本とロシア(当時はソ連)は対立していたわけではありません。
それどころか日ソ中立条約を結んでおり、侵略行為はしないという約束をしていました。

しかし、日本の敗戦が濃厚になった1945年4月、ソ連は中立条約を破棄します。
そして、終戦直前の8月9日、日本に宣戦布告。
さらに戦争が終わったはずの8月28日に、ソ連軍は北方四島に侵攻します。

このような経緯によって、日本は北方四島を失いました。

不正なかたちで奪われたので、日本としてはとうぜんロシアに対して北方四島の返還を求めます。
しかしロシアは返還に応じません。
日本としては、不正に奪った領土を返さないかぎり平和条約を結ぶことなどできません。

そして、戦後70年が経った現在においてもこの問題は解決されず、日ロ関係の進展のさまたげになっています。

なぜロシアは北方領土を返還できないのか?

ロシアが北方四島を返還すれば解決する問題なのに、どうしてロシアはかたくなに返還をこばむのでしょうか。

それについては、いくつか理由があります。

○防衛戦略上、日本には渡せない

日本はアメリカ側の国です。もし北方四島を日本に渡したら、アメリカの軍隊がはいってくる可能性があります。そうなるとロシアはのど元に刃を突き付けられているようなかたちになり、ロシアの安全保障がおびやかされます。

○地理的に渡したくない

北方四島を返還してしまうと、ロシアは太平洋側への出入りが難しくなります。

○資源が豊富にある可能性

北方領土海域には数カ所に油田やガス田が存在する可能性があり、かなりの埋蔵量があると推察されています。

○日本が放棄したと見なしている

1952年、日本は北海道、本州、四国、九州以外の主権を放棄し、日本が海外にもっていた領地を手放しました。このとき日本は千島列島も放棄しています。ロシアは「北方四島も千島列島に含まれる」と言い、北方四島は日本が放棄した島なので返す必要がないと主張しています。

○国民感情が許さない

日本が北方四島を日本の領土だと主張してゆずらないように、ロシアの人々も南クリル諸島をロシアの領土だと信じています。日本に返還するとなれば、ロシア国民が黙っていません。

まとめ:日本とロシア、両国が満足できる解決案はあるのか?

これまでに2島返還などの案がだされ、打開を試みてきましたが、どうしても進展しません。

正直、どんな解決案でも、両国ともに納得できる解決にはならないと思います。
領土問題は、妥協できることではないからです。

難しい問題です。
だからこそ、私たち一人ひとりがこの問題をしっかりと理解し、根気よくこの問題と向き合っていかなければいけないんだと思います。