将棋の賞金はどこから出ているの?プロ棋士の収入源とトッププロの年収について

将棋の賞金はどこから出ているの?プロ棋士の収入源とトッププロの年収について

みなさんは将棋の賞金はどこからでているか知っていましたか?

プロゴルフの選手やサッカー選手、プロ野球の選手はお客さんからの観戦料が収入になっていますよね。
でも、将棋って観戦料があるって聞いたことないし…

そこで、将棋の賞金はどこからでてくるのか、どんなスポンサーがあるのかを紹介します。
プロ棋士の収入はどんな形ではいってくるのかをみていきましょう。

将棋の賞金はどこから?将棋のタイトルと賞金スポンサー一覧

将棋の賞金ってどこからもらえるのか不思議ですよね。

じつは、プロ棋士の人たちを応援している会社は新聞社なのです。

みなさんも新聞を読んだことはあると思います。新聞には将棋が掲載されていますよね。
新聞社では、読者拡大のために、いろいろな工夫をしています。

将棋は昔から大人の遊びとして多くの愛好家がいます。

新聞社でお仕事をしている人たちは、たくさんの人たちに自分の会社でつくった新聞を読んでもらいたいから、将棋の話題をのせているのです。新聞が売れれば、もうかりますものね。

そして、良質な将棋コンテンツといえば、プロ棋士の対戦です。プロ棋士の人たちにもがんばってもらいたいから、賞金をだして、将棋の対局を盛り上げているわけです。

将棋の8大タイトル

将棋には8つのタイトルがあって、それぞれスポンサーがついています。

  • 竜王戦(読売新聞社)
  • 名人戦(毎日新聞社、朝日新聞社)
  • 棋聖戦(産業経済新聞社)
  • 王位戦(北海道新聞社、中日新聞社、西日本新聞社、神戸新聞社、徳島新聞社)
  • 王座戦(日本経済新聞社)
  • 棋王戦(共同通信社)
  • 王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社)
  • 叡王戦(ドワンゴ、日本将棋連盟)

このほかに、公式戦というものがあります。
朝日オープン戦、NHK杯、新人王戦、銀河戦などです。

将棋のプロの収入は?賞金だけじゃない!主な収入源や対局料について

将棋のプロ棋士はどうやってお金をもらっていると思いますか?

サラリーマンは会社で仕事をしてお給料をもらっていますよね。

一方で、プロ棋士のひとたちは会社員ではありません。自営業みたいなものなのです。
将棋のプロ棋士は、対局料という形で、対局を応援してくれる会社からお金がもらえます。

いちばん分りやすいのはテレビで放送されている将棋の勝ち抜き戦です。
みなさんも、毎週日曜日にテレビで将棋の対局をみたことがあると思います。

つまり、プロの棋士は対局するとお給料がもらえるのです。
そして、そのトーナメント戦に勝ち進めば、対局した分、お給料がもらえるわけです。
だからとちゅうで負けてしまうとその先の対局ができないからお給料もなくなってしまうのです。

対局料のほかに、プロ棋士の収入源にはいろいろあります。例えば、

  • 将棋の解説本を書いて出版している人。
  • 将棋の教室をひらいて、指導して収入をもらっている人。
  • 将棋のイベントなどで、将棋の指導対局でも収入があります。

将棋のプロはどこまで稼げる?主要トッププロの年収公開!

2016年の年収(年間賞金ランキング)1位のプロ棋士は羽生善治さんで、9,150万円でした。
2位は渡辺明さんで7,390万円でした。

トッププロの年収は1億近くと夢がある仕事ですが、一方で、プロ棋士は全部で、何百人といるのなかで、これだけ収入があるのはとても少ないのです。

トッププロ棋士はどうしてこれだけの年収があると思いますか?

それは、スポンサーがついているタイトル棋戦での賞金をたくさんもらっているからなのです。
タイトル戦で勝ちすすんで、優勝とか準優勝とか、ある程度良い成績をだせないと、たくさんの賞金がもらえないからです。
だから、トッププロ棋士はとても将棋が強いのです。たくさん対局して、たくさん将棋で勝ち星をあげているから、たくさん賞金がもらえるというわけです。

タイトル戦のなかで、いちばん賞金が多くもらえる棋戦は竜王戦です。
優勝すると約4,200万円です。

ちなみに、最新のランキング(2016年)の年収ランキングトップ10をあげてみました。

1位 羽生善治 三冠 9,150万円
2位 渡辺 明 竜王 7,390万円
3位 佐藤天彦 名人 5,722万円
4位 糸谷哲郎 八段 3,543万円
5位 山崎隆之 八段 3,206万円
6位 郷田真隆 王将 3,185万円
7位 豊島将之 七段 2,492万円
8位 丸山忠久 九段 2,210万円
9位 三浦弘行 九段 1,997万円
10位 深浦康市 九段 1,849万円

参照:2016年獲得賞金・対局料ベスト10 日本将棋連盟

まとめ

トッププロにもなると、年収もとてもたくさんもらえます。多くのタイトルをとるということは、プロ棋士として強いということですから、将棋ファンとしても応援したくなります。

トッププロ棋士の魅力は、年収が高いということもありますが、その人柄からも将棋ファンに人気をあつめる棋士もいます。

私も趣味で将棋の戦法について研究したりネットで将棋の対局を楽しんだりしていますが、アマチュアでもプロのように賞金がもらえるような大会にチャレンジしたくなりますね。