紫外線の性質に合わせた、日焼け前後の肌ケア対策

紫外線の性質に合わせた、日焼け前後の肌ケア対策

もうすぐ日差しが気持ちいい季節になりますね。
この時期気になるのが、紫外線…
紫外線から肌を守るには?紫外線を浴びた後の正しい肌のケアとは?

紫外線の一番強い時期とは?

暑さの厳しい時期に紫外線が多いと思われがちですが、実は5月~7月紫外線が一番多い時期なのです。
紫外線の量は3月から徐々に増え始め、5月になると紫外線の最も多い時期に入ります。

地上に届く紫外線にはA派(UVA)とB派(UVB)の二種類があり、肌の奥深くまで浸透し、シミやしわの元となる、UVAは春になると冬の3倍の量になります。

そのため、春のうちから、しっかりと紫外線対策行うことが大事です。

紫外線対策は一年中必要ですが、春からは特に紫外線に気を付けることが大事です。
また、紫外線の一番多い時間帯は10時~14時とされており、この時間帯の紫外線対策も特に気を付けたいですね。

日焼けをする前に肌を守る!紫外線対策と日焼け止めの選び方

日焼け止めを正しく選びましょう。

日焼け止めは、SPF(UVBを防ぐ数値)と、PA(UVAを防ぐ効果を表す目安)を見て選びましょう。

SPFの数値が高いほど肌の赤く炎症するのを防ぐ効果が高く、PAは+が多いほど肌の黒化を防ぎ、弾力が失われるのを防ぎます。
SPAは、日常生活では10~20、野外での軽いスポーツやレジャーなどは20~30、炎天下でのレジャーや海辺などは30以上が目安とされています。

数値が高いほど、効果は大きくなりますが、肌への負担も増えてしまいます。
日焼け止めを使う環境と、自分の肌に合った日焼け止めを選びましょう。
日焼け止めは、汗をかいて日焼け止めが流れてしまうこともあるので、肌をきちんと紫外線から守るために、こまめに塗りなおすことが大切です。

スキンケアアイテムを美白ラインで揃えましょう。

美白効果のある、化粧水や乳液、保湿クーリムを使うことで、日焼けによるシミやそばかすを防ぎ、日焼けした肌を整える効果が期待できます。

UV加工をしている日焼け防止アイテムを選びましょう。

日傘や帽子だけでなく、サングラスやカーディガンなどの羽織もUV加工されているものを使うことで、より紫外線を防ぐことができます。

特に、目の奥に紫外線が届くことで、脳がメラニンを作るように体に命令してしまい、肌のくすみ、シミやそばかすを作ってしまう原因になります。
UVカット加工されたサングラスやメガネをかけることで、紫外線から目を守り、メラニンの生成を抑えることがきます。

紫外線対策に有効な食生活を心掛けましょう。

ビタミンやミネラルを含んだ食材を多く取ることが、紫外線対策に良いとされています。
特にビタミンCはシミやそばかすを予防する効果があり、紫外線の多い時期には積極的に取り入れたい食材です。

ビタミンCは、イチゴやブロッコリー、赤ピーマンなどに多く含まれています。
また、トマトなど抗酸化作用のある食材を食事に取り入れることも効果的です。

日焼けをしてしまった後の肌のケアは?

日焼けをしてしまったときは、すぐに肌のケアをすることが大事です。
すぐにケアをすることで、肌へのダメージを最小限に抑えることができます。

日焼けしてしまったときは、まず氷水や保冷ジェル、冷たいシャワーで肌を冷やしましょう。
日焼けした箇所を火照りが収まるまで冷やすことで、肌の炎症の進行を防ぐことができます。

火照りが収まったら、保湿化粧水・乳液などを日焼けした箇所に塗り、しっかりと保湿をしましょう。
日焼けした肌は水分が奪われ乾燥しています。そのままにしておくと、シワなどの、肌トラブルの原因となってしまいます。
うっかり日焼けしてしまった、思ったよりも紫外線を浴びてしまった。
というときは、いち早く肌のケアをすることを心掛けましょう。

紫外線の性質から学ぶ、日焼け前後のかんたん肌ケア方法のまとめ

紫外線は気になるけど、レジャーやイベントなどはしっかり楽しみたいですよね。
身体の外側と内側からしっかり紫外線対策をして、肌を守りながら、
紫外線の多い時期を乗り越えましょう!