人見知りを克服する方法とは!人見知りでもできるアルバイトを調べてみた!

人見知りを克服する方法とは!人見知りでもできるアルバイトを調べてみた!

「わたしは人見知りだから、人と接するのが苦手で……」
そんなふうに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
いったい人見知りとはなんなのでしょう? 人見知りを克服する方法はあるのでしょうか?

人見知りを克服する

知らない人や初めて会う人に対する警戒心を軽減させるにはどうすればいいのか、考えてみましょう。

相手を「いい人」と仮定する

知らない人と会ったときに、「この人はいい人だ」と心の中でつぶやいてみましょう。
たったそれだけで、相手に対する警戒心がうすれ、人見知りが解消されることがあります。

お返しをする(返報する)

相手が好意的にあいさつをしてくれたら、こちらも同じような態度であいさつを返す――そのようにして、相手の態度を見てから同じことを返すようにしましょう。
いわば後出しジャンケンです。先に接し方を決めるのは相手のほうですので、失敗をおそれる必要はありません。
警戒心が緩和され、楽な気持ちで接することができます。

慣れるまでは仕方がないと割り切る

知らない相手に警戒心をいだくのは当たり前なのだから、相手に慣れるまで人見知りをしてしまうのは仕方がない――そう割り切ってしまいましょう。割り切ることで心の緊張が解け、対人関係が楽になります。

 

最後の「慣れるまでは仕方がないと割り切る」という方法は、解決になってないんじゃないのか?
そのように思った人もいるかもしれませんが、もしかすると、これがもっとも根本的な解決法と言えるのかもしれません。

社会心理学では、人見知りは「個性」とされています。
人見知りを「内気」や「恥ずかしがり屋」という個性として受け入れており、かならずしも悪いものとは見なしていません。

対人関係やコミュニケーションにおいて深刻な障害となっていないのであれば、人見知りを自分の「個性」として受け入れてしまうのも、ひとつの有効な方法だと言えます。

人見知りを克服しなくてもいい!?オススメの仕事やバイト6選

人見知りを「個性」として受け入れた場合、人見知りの自分にはどんな仕事やバイトが向いているんだろう?
そのような疑問を持った人のために、まとめてみました。

飲食店のキッチンのバイト

バイトとしてキッチンにはいると接客をする必要がないので、人見知りを気にする必要はありません。会うのは職場のスタッフだけですので、しばらく勤務すると対人関係にも慣れてきます。

工場勤務のバイト

アルバイトとして工場に勤務をするとラインや検品の仕事が主になります。黙々と単純作業をつづける仕事です。会うのは職場の人たちだけですので、しばらく勤務すると対人関係にも慣れてきます。

配達のバイト

新聞配達や牛乳配達のアルバイトは、仕事中は完全な個人作業です。人と話す必要がありません。また、配達にでているあいだは自分のペースで仕事ができるため、配達時間内に終わりさえすれば、自由に休憩することもできます。

ポスティング

配達のアルバイト同様、仕事中は完全な個人作業です。ただ、会社によってはノルマがあったり、うっかり投函不可のお宅にいれてトラブルになることもあります。

清掃業

基本的に1人で黙々とやる作業です。作業中はマスクをしていてもおかしくないので、顔を見られるのが苦手な人にも向いています。同じ職場の人や、勤務地の建物を使用している人たちと言葉をかわすことはあります。ですが、声をだしながらやる仕事ではないので、黙々と自分の仕事に専念できます。

在宅ワーク

自宅でできる仕事なので、人に会う必要はありません。もっとも人見知りを気にしなくていい仕事です。近年ではライティングやデータ入力、アンケートモニターなどの仕事が増えていますので、インターネットをやる環境があれば誰でもはじめられます。ただ、高収入を得るのは難しい仕事でもあります。

人見知りを克服できるのか?人見知りの原因を知り対策を学ぶ

「人見知り」という言葉は、もともとは子供に対して使われていました。
社会心理学においては、大人に対してもこの言葉が使われています。
一般的には、大人に対する言葉として使われることが多いです。知らない人を見ると恥ずかしがったり、口数が減ったり、嫌がって避けたり――そのようにして対人関係やコミュニケーションに苦手意識を持つことを「人見知り」と呼んでいます。

人見知りの原因は、

  • 自信がない
  • 失敗をおそれている
  • 他人からどう思われているか自意識過剰になっている

など、複数の理由が考えられます。
この観点から対策法を考えると、自分の人見知りの原因はなんであるのか、それが判明しないかぎり適切な対策は立てられません。

そもそも人見知りというのは、いつからはじまるのか?

人見知りが最初に見られるのは、生後5~6か月ぐらいだと言われています。
それまでの乳児は、自分に対して好意的な態度をとる人であれば、誰にでも笑顔を見せています。

ところが人見知りがはじまった時期から、知らない人が近づくと泣きだすようになります。

これは、親などひんぱんに接する人と、それ以外の人との区別がつきはじめたことを意味しています。
つまり、「信頼できる人」と「警戒すべき人」を見分けるようになったのです。

これによって人見知りが起こるおおもとの原因は、「知らない人や初めて会う人のことを『警戒すべき相手』と認識しているから」ということがわかります。

ここから見えてくる人見知りの克服法は、「知らない人や初めて会う人に対する警戒心を軽減させればいい」ということになります。

人見知りは「個性」

世の中には人見知りの人に向いている仕事もあります。人と接することなく、ひとりで黙々とやる仕事は、人見知りのほうが作業に集中できるからです。
「人見知りを克服しようとがんばってみたけど、どうしてもダメだった」というのであれば、無理して克服する必要はないのかもしれません。

人見知りは「個性」です。

内気で、恥ずかしがり屋で、人と話すのが苦手――それを自分の個性として受け入れてしまいましょう。
それもまた、「自分らしい生き方」だと思います。