一味違うスペシャルティコーヒーの歴史と定義・おすすめポイントを集めてみました。

一味違うスペシャルティコーヒーの歴史と定義・おすすめポイントを集めてみました。

最近ではコンビニでも販売されるようになり、より身近になったスペシャルティコーヒー、目にする機会も多くなってきました。

普通のコーヒーと何が違うのか?
スペシャルティコーヒーとはどういったものなのか?
気になっている方も多いと思います。

そこで、スペシャルティコーヒーについて調べてみました。

スペシャルティコーヒーの定義

簡単に言うと、「カップに注がれるまでの行程が徹底されていて飲んだ人が美味しいと感じるコーヒー」
と、いうのがスペシャルティコーヒーです。

生産から品質管理までが徹底していて欠点豆が極めて少なく、適切な焙煎と抽出により、カップに注がれたコーヒーが生産地の特性を表現できているコーヒーで、

  • 口に含んだ時の質感
  • 刺激や不快感のない爽やかな酸味
  • 栽培地の特性が生かされるための雑味のない透明感
  • 飲んだ後に口に残る甘さ

などが評価基準になります。

スペシャルティコーヒーがコーヒー好きをひきつける理由

スペシャルティコーヒーは、生産地やコーヒーの評価により、コーヒーを作るひとたちのこだわりが、カップに注がれるまで見えるコーヒー豆です。

ワインの生産地を、地域にこだわったり、畑にまでこだわったりする感覚と近いと思います。

そのこだわりと、コーヒー豆の背景まで楽しみたい、というコーヒー好きの人々がスペシャルティコーヒーを好んでいます。
生産地の気候や風土によって変わるコーヒー豆の味の特性の違いを楽しむことができるのもスペシャルティコーヒーの魅力です。

初めて飲む人におすすめのスペシャルティコーヒー

スペシャルティコーヒーはシングルオリジン(単一銘柄)が主流になってきていますが、初めて飲む人には、ブレンドから試してみるのがおすすめです。

シングルオリジン(ブレンドせずに一つの産地のコーヒー豆で提供するもの)は、コーヒー豆の個性が引き立ち、そのコーヒー豆独自の味を楽しむことができますが、初めて飲む人には、自分の好みの味を探すのはなかなか難しいと思います。

一方、ブレンドは数種類の豆を混ぜることで、飲みやすいコーヒーになっているので初めて飲む人にも親しみを持てる味のものが揃っています。

個人的には甘いナッツのような風味のあるものが好きで、甘みの特性のあるブラジル産の豆をよく買っています。
ふわっと口の中で広がるコーヒー独自の甘さにホッと癒されます。

スペシャルティコーヒーの生豆を手に入れる方法

店舗で焙煎をしているコーヒー豆屋さんでしたら生豆で売ってくれるところがあります。
また、生豆の卸し業者から小ロットで生豆を買える通販もあります。
近くに焙煎をしているコーヒー豆屋さんがない場合は、通販を利用するといいと思います。

スペシャルティコーヒーを通販で買うなら

スペシャルティコーヒーの種類を多く取り扱っているサイトで買うのがおすすめです。

少量のスペシャルティコーヒー豆が3〜4袋セットになったお試しセットなどがあるので、自分の好みに合ったスペシャルティコーヒーを見つけやすいと思います。

また、自分の好きなアロマやボディのレベルを選ぶと、おすすめの豆を検索してくれる通販サイトもあるので、そういったサイトで自分好みのスペシャルティコーヒーを探すこともできます。

スペシャルティコーヒー協会とは

スペシャルティコーヒー協会は、米国スペシャルティコーヒー協会や英国スペシャルティコーヒー協会など、複数ありますが、日本におけるスペシャルティコーヒーの品質を担うのは、日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)です。

スペシャルティコーヒーの評価基準を作るのもSCAJです。

スペシャルティコーヒーの発展や普及を目的としており、スペシャルティコーヒーのセミナーや講習会を開催したり、ジャパンバリスタチャンピオンシップなどのコーヒーの競技大会を主催しています。

日本のコーヒー消費の拡大やスペシャルティコーヒーの認知度を高めていくと共にスペシャルティコーヒーの魅力を広めていく活動を行なっています。

スペシャルティコーヒーについてのまとめ

スペシャルティコーヒーの定義はスペシャルティコーヒーの発展、変化に伴い随時更新されていくそうです。
今後も、ますます美味しいコーヒーが私たちの周りに増えていきそうです。

コーヒー好きとしては、とても嬉しいことですね。
美味しいコーヒーでホッと一息つく時間がますます楽しくなりそうです。