仮想通貨通貨moneroとは?ビットコインとの違いは何か?

仮想通貨通貨moneroとは?ビットコインとの違いは何か?

今流行りの仮想通貨って何?という方から、moneroってビットコインとどう違うの?
なんで仮想通貨がお金になるの?といった疑問にお答えします。

仮想通貨って何?なんで価値が有るの?

そもそも仮想通貨って何?
そういった方も多いでしょう。

仮想通貨とは支払い、受け取り情報を皆に公開することによって、所持金などの情報を皆が持ち、改ざんを防ぎ、クレジットカードなどの情報なしに、やり取りができる通貨です。
「仮想」という名前の通り、仮想通貨に実体はありません。

ではなぜ価値が有るのか?
お金とは、そもそも金などの物質自体が貴重な貴金属などを除いて、紙幣は極端に言ってしまえば紙とインクが原価です。
ではなぜ紙とインクに価値が有るのかと言えば、円であれば日本政府が、ドルであればアメリカ政府が、その価値を保証するからです。

仮想通貨は参加者がある別の参加者の持っている金額を知りたいと思えば、別の参加者に聞けば分かるのです。
では、その別の参加者が嘘をついた場合、仮想通貨の偽造が可能なのではないか?
そういう疑問もあるでしょう。

それに対して仮想通貨は非常に複雑な数値を鍵とした暗号でそれを繋いでいったブロックチェーンと呼ばれる技術で防いでいます。
まずAさんがBさんに1monero支払った時に、仮想通貨ネットワークに繋いでいるマシンに、AからBへ1移動という情報が流れます。
その情報が暗号化されて広まるのですが、この時非常に複雑な鍵となる数値が生成されます。
これが複数回繰り返されて十分な回数通知(認証と呼ばれることが多いです)が行われた時、仮想通貨が移動します。
支払いに時間はかかりますが仕組み上これは意図的なものです。

moneroって何、ビットコインとの違いは?

moneroはクリプトノートと呼ばれる技術をベースに作られています。
ビットコインとの関係ですが、moneroはアルトコインと呼ばれるビットコイン代替としての仮想通貨です。

では、なぜmoneroが注目されているのか?
それはビットコインがほぼ「掘り尽くされて」いるからです。
「掘り尽くす」とはどういうことか?
それはビットコインはやり取りをする時に手数料が暗号の鍵を計算した参加者に支払われるからです。

ビットコインは仕組み上、インフレを防ぐために流通する通貨の総量が決まっています。
総量が決まっていると、支払いのたびに鍵を見つけるのが難しくなっていきます。
これによってビットコインはもう鍵を見つける「マイナー」にとって「美味しい」市場ではなくなりつつあります。
そこでまだ「マイニング」の余地のあるアルトコインが注目されています。

仮想通貨はどうやって持てばいいの?チャートって何?

まずは仮想通貨のウォレットを持ちましょう。
様々な形のウォレットがありますが、初心者の方にはウェブウォレットがお勧めです。

まず仮想通貨の取引所に登録します、この時、多くの取引所ではデフォルトでビットコインのウォレットが自動作成されます。
moneroを持つためには、まず仮想通貨取引所がmoneroを取り扱っている必要があります。
moneroのウォレットはオプションなので多くの所が自分で作成手続きをしなければなりません。
しかし、心配しなくてもほとんど入力するような項目はなく、クリックのみで完結するところもあるので問題ではないでしょう。

さあ、それでは仮想通貨のチャートを見てみましょう。
ほとんどの取引所ではアプリやサイト上で仮想通貨のチャートを見ることが出来ます。
株取引などをしたことがある方は驚かれるかもしれませんが、チャートが驚くほど乱高下しているでしょう。
仮想通貨がまだまだ成熟した市場ではないこともあり、FXの為替よりも激しいような乱高下が起こります。

ここで一つ問題があります、仮想通貨をどうやって得るかですが、二つ方法があり、
一つはマイニングでコツコツ取得したものをウォレットに送る方法。
もう一つが、仮想通貨をお金で買うことです。
こう言ってしまうと支障があるかもしれませんが、仮想通貨はもともと「投機」のために作られたものではありません。
ですから現在、法律での保護や保証は間に合っていませんしリスクの高い商品といえます。
チャートの見方を教えてほしいという方もいるでしょうが、残念ながら現在、仮想通貨のチャート予想はほぼ不可能といってもいいです。

例として、アルトコインの一つにイーサリアムというものがあるのですが、チャートが安定していたのに、一瞬だけ95%以上の大暴落をしました。
本当に一瞬の事ですぐに元に戻ったのですが、現物取引をしていた人には問題なくても、
信用取引をしていると、ここまで大暴落が起きるとシステムが勝手にロスカットをしてしまうこともあります。
この一瞬でロスカットされたという方は幸いにも見かけませんでしたが、この一件は仮想通貨が「安全な」投機商品ではない。ということを知らしめました。
これはイーサリアムに限った話ではなく、仮想通貨は乱高下するものと思って、購入に当たっては余剰資金での投資をお勧めします。
仮想通貨は、まだまだ投資や投機には余りにもリスクが高すぎます、仮想通貨に退職金等の重要なお金を使うことはお勧めできません。

moneroを含む仮想通貨のこれから

銀行や投資家たちの間では、仮想通貨は「バブル」状態であるというのが大筋の見方のようです。
ビットコインが仕組みの根本を変えた「ハードフォーク」と呼ばれる分裂を経て、従来のビットコインとビットコインキャッシュに分かれたように、様々な投資家とマイナーの思惑に動かされるのが仮想通貨です。
moneroは現在のところ、イーサリアムが起こした大暴落や、ビットコインが分裂した「ハードフォーク」などは起きていないため、「比較的」安全な仮想通貨でしょう。
あくまでも仮想通貨の中での話であって、投資・投機の商品としてはリスクが高い方にあることを忘れないようにしてください。
仮想通貨全般に言えることですが、現状が「バブル」なのか、これから値上がりするのか、
それにお答えすることは出来ません。
ですが例えば「ギャンブルに使うお金を仮想通貨への投資に回そう」などの、「無くなってもいいお金」の使用先としては仮想通貨は面白い市場であることは確かです。